JUST FANCY

韓国アイドルとK-POPにまつわるあれそれ

【韓国アイドル】私には同ペンの身内が出来ない

f:id:JUSTFANCY:20190815144613p:plain

私は基本的にどのグループを応援していても同ペン*1の身内*2は出来ない。

そのせいか「同ペン拒否なんですか?」と聞かれることが多いが、拒否というほど自分から積極的に同ペンをシャットアウトしたことは一度もない。存在自体は好きか嫌いかで言えば好きだし、声を掛けられたら普通に対応するし、きちんと話してみたら意気投合することも有り得ると思う。

つい先日はTwitterで同ペンの方から温かいメッセージを送っていただいてとてもありがたかった。

私の癖の強い性格や物言い、フォロワー数等は鼻につきやすいだろうし、同ペン同沼からは嫌われたり避けられたりするのがデフォなので好意的に見ていただけるのは珍しい。

 

ただ頻繁に現場に通うようなヲタ活をする中でつるむには、同ペンより他ペンの方が色々と都合が良いと考えている。

例えばサイン会でのポイ交換*3やリリイベでの特典券集めの協力、トレカ等のグッズ収集癖のある人も仲間内で推し被りしていない方が何かとスムーズだろう。

接触イベントの際の営業も公演中のファンサービスも推しは余計な気を使わなくて済むし「友達と自分」宛ではなく「自分」宛ピンポイントに受け取れる。

 

実は過去に一度だけ同ペンの友人と所謂"ニコイチ"で応援していた経験がある。

その友人は私よりも年上で、可愛らしい見た目に反して大胆かつ行動力があり、とても頼もしい存在だったので本当の姉のように慕っていた。友人は社会人だったが休みの融通の利く仕事をしていたので、スケジュールが出ればほぼ皆勤し、どこへ行くにもいつも一緒だった。

当時の推しも私達が仲が良いことは知っていたので、いつも「二人ともありがとう」と口にしながらファンサービスにしろあげたプレゼントの認証にしろ平等に分け隔てなく接してくれていた。

……………………途中までは。

 

段々と推しの反応に違和感を覚えるようになった。その友人にはするのに私にはしない、ということも増えていった。だがその違和感の正体を突き止める前に新しい推しが出来たことで、その推しと友人からは自然と離れるようになった。

 

あとからその推しのマネージャー経由で知ったのだが、なんと友人が推しに私のあることないこと吹き込んでいたそうだ。それも単純な悪口ではなく、私の好感度を下げて自分の好感度を上げるように上手いこと仕向けられていたと分かって鳥肌が立った。

言い方は悪いがたかがアイドルごときで、と呆れもした。推しは好きだが友人の方がずっと身近な存在だし一緒に過ごした時間も多いし情が湧くものではないか。そうまでしてアイドルに入れ込む気持ちは分からなかった。

 

でも今なら何となく分かる気がする。いくら相手は仕事でこちらは趣味といえ、対人間。何度も何度も接している内に簡単には説明できない感情も生まれるのだと思う。もちろんそれが友人を陥れていい理由にはならないけれど。

まあ理解はしてもあんな面倒ごとは二度と御免なので、きっとこれから先も同ペンの身内は出来ない。

 

f:id:JUSTFANCY:20190722110651j:plain

 

*1:同じ推しを持つ人。同担。

*2:よく連絡を取り合ったり一緒に行動したりするような親しい友人。

*3:推し以外のメンバーにはそのメンバーのファンである友人宛のポストイットを書いて貰うこと。