JUST FANCY

韓国アイドルとK-POPにまつわるあれそれ

【韓国アイドル】私がマイナードルを追う理由

f:id:JUSTFANCY:20190906173031p:plain

一口に韓国アイドル、K-POPアイドルと言っても世界を股にかけて活躍する超メジャー級*1から新大久保の片隅でひっそりと活動するようなドがつくマイナー*2まで幅広く存在する。

毎年大小様々な事務所から数多くのグループがデビューしては消えて行き、最早生き残るだけでも容易なことではない。最後にアルバムをリリースしてからもう1年以上活動がない、解散や脱退についてまともな報告のないまま自然消滅してしまった、なんてのもザラ。最初はその適当ぶりに驚いていても、いつの間にか「さすが韓国クオリティ……」という言葉で片付けてしまうようになるので慣れって怖い。

 

誰もが知る大手事務所の所属アイドルや、有名オーディション番組で結成されたアイドルは、そのブランド力や知名度の高さからデビューの時点で他とは一線を画す売れ方をすることが多い。発売早々1位!アルバム販売量で新記録を樹立!等々、普通の新人ではまず難しいことを軽々と成し遂げたりする。

また最初はそこまでの人気がなくとも、何かのタイミングでブレイクしメジャー入りを果たすと、曲の良し悪しに関わらずリリースさえすれば問答無用で1位を獲得するようになったりもする。

 

私はそういう黙っていても売れるようなメジャーアイドルだと本腰を入れて追う気にはならない。

 

ちなみに私がここで言う追うとは、実際にお金を払ってCD等を購入したりFCに入会したりイベントに足を運んだり投票をしたり宣伝をしたり励ましの手紙を書いたり…(以下エンドレス)そのアイドルの活動に貢献するような何らかの行動を起こして初めて成立する。

お茶の間で無料の写真や動画を眺め、流れてくるツイートにいいねを押しているだけでは当てはまらないというのが持論だ。「好きでいる」「応援している」という表現ならしっくりくるが「追っている」と言われると違和感を覚えてしまう。

 

話が逸れたがなぜメジャーアイドルは追う気にならないかと言うと、まず下記過去エントリでアイドルヲタクをしているのはゲーム感覚と表現したようにヲタクとしてのスタンスの問題がある。

www.suijustfancy.com

推しを登場キャラクター、自分をプレイヤーとして例えた場合、特に大きな挫折や障壁もなく順調に進む物語より紆余曲折ある方が見ていて面白いし、なかなか強くならない(売れない)からこそ課金してまで応援する甲斐があると感じるのだ。

 

汗と涙のドラマティックなストーリー性を求めると「デビューしてすぐに1位」「出せば1位が当たり前」よりも「何年もファンと一緒に苦労した末の念願の1位」「曲と競合相手次第では1位が狙えるかもしれない」くらいの状況の方がアツイ。後者なら1位のありがたみや周囲への感謝も忘れにくいのではという願望もあるかもしれない。

大きな会場で豆粒サイズの推しから「みんなありがとう」と言われてもピンとこないけれど、目の前で直接「○○ありがとう」と呼び掛けられると応援していて良かったなと実感出来る。

 

もちろんメジャーアイドルは、狭き門である大手事務所からデビュー出来るだけの、あるいは熾烈なサバイバルを勝ち抜いて選ばれるだけの、確固たる地位を築き上げるだけの才能や魅力に溢れているということは理解している。

写真や動画など画面越しに楽しむ分にはむしろそういうメジャーアイドルの方がヴィジュアルにしろパフォーマンスにしろ見応えがあって好きだ。なんなら推しよりもよくチェックするかもしれない。さすが売れるだけあるな~すごいな~と素直に思う。

 

したがってここまでの話を一言でまとめるなら「ファンでいるならメジャーなアイドル、ヲタクをするならマイナーなアイドル」というところだろうか。

 

私は元々極度の飽き性かつ、まだ粗削りだけど初々しくて一生懸命な練習生や新人の時期に惹かれるので、売れる頃=メジャーになる頃にはもう熱が冷めて追うのを辞めているというパターンも多い。

あとは基本的に「おいしくないと楽しくない。コスパが悪いことはしたくない」という欲や、みんなが大好き!みんなが知ってる!相手だと単に流行りに乗せられているだけのようで物足りない気持ちもマイナー志向に影響していると思う。どちらかと言うとみんなが知らないことを知っていたい。みんなが良さに気付く前に気付いていたい。

 

かと言って冒頭で述べたようなマイナーすぎるのも無理。エッ私よりフォロワー少ないって?それはもう芸能人じゃねえ。一般人に毛が生えたようなレベルに構ってもらっても承認欲求が満たされないので貢げない。

"ほどよいマイナー"がいいのだ(ワガママ)

 

現在推しグループはメンバーがサバイバル番組に出演した影響で知名度が向上し人気も急上昇中である。今後の事務所の戦略次第ではメジャー入りも夢じゃない。が、それも活動さえすれば問答無用で1位!という超一流レベルではなく、上手くいっても「曲と時期が良ければ1位を取れることもある」程度に留まるんじゃないかと見ている。(希望的観測も含めて)

それくらいならむしろ糟糠の妻として古株の旨味があるかな。色々と新鮮な経験も出来るかな。と思っているので今のところ降りる気はない。メジャードルを追う楽しみを見出せることを期待している。

 

………と言いつつ私のことだから「やっぱり一気に売れると調子乗りすぎつまんなーい」なんて文句を垂れながらあっさり乗り換える可能性もなきにしもあらず。

*1:2019年現在、名実ともにトップに君臨するのは防弾少年団(BTS)だと思われる

*2:K-Stage O!やSHOWBOXと言った専用劇場で毎日のように公演を行っている